2008年8月18日号。<野口、土佐と二枚看板の故障を看過し補欠を用意していなかった陸連の恐るべき怠慢>。

 2008年8月18日号。<野口、土佐と二枚看板の故障を看過し補欠を用意していなかった陸連の恐るべき怠慢>。  3時半起床。  いかんなあ、結局五輪を見てしまっている(笑)。  伊調馨さんは表彰台で美しかったなあ。観客席で応援団がみんな君が代を歌っているのも美しかった。  今回の金メダリストはほとんどが連覇だ。このことについては、また書こうと思っている。  競泳のリレーの銅メダルは示唆に富んでいた。  北島康介というひとりの天才を持った時に、組織が全体としてどういう果実を得るかという物語である。  これはなかなかに難しい。天才どころか腐ったリンゴが足を引っ張って、結局はそちらの方に萎んでしまうことが多いからだ。  女子マラソンに関しては論外の組織論なのだ。結局土佐礼子選手も早い時期から故障がわかっているわけで、それなのにきちんとした補欠を用意していなかった怠慢は、国民的に糾弾されるべきだろ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。