2008年7月27日号。<世界的にも珍しい、年度の真ん中にある夏休みとはいったい誰のためのものなのか>。

 2008年7月27日号。<世界的にも珍しい、年度の真ん中にある夏休みとはいったい誰のためのものなのか>。  5時起床。  言葉が持つ詩情というのは不思議なもので、単なる意味性以上に、その背後になにごとかの膨らみを持つので、モノ書きには便利なものだ。  「夏休み」がそうだろう。  「春休み」「冬休み」には「ああそうですか」とその現象そのものしか感じないが「夏休み」と聞いた瞬間に、草いきれを嗅ぎ、ヒグラシの声が聞こえてくるのはなぜだろう。郷愁を感じるのは私だけだろうか。  その夏休みの見直しが進んでいるらという。  <縮む夏休み、公立小中が授業増を優先 本社アンケート>  http://www.asahi.com/national/update/0726/TKY200807260247.html  <夏休みを短縮している公立小中学校は、少なくとも全国の10%の自治体に広がっていることが、朝日

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。