2008年7月25日号。<竹島にはホテル、首都圏では独島博物館建設をぶち上げた韓国の出端を挫く戦略を立てよ>。

 2008年7月25日号。<竹島にはホテル、首都圏では独島博物館建設をぶち上げた韓国の出端を挫く戦略を立てよ>。  4時半起床。今日は大阪でスケジュールびっしり。  その大阪から『L magazine』が送られてきた。先日インタビューを受けたのだ。  それこそ『天国のいちばん底』の舞台になっている時代、関西には二つの先駆的情報誌があった。ひとつは『プレイガイドジャーナル』であり、やがて追いかけるように『L magazine』が出た。  前者はコテコテの大阪風の作りで確か総合月刊誌と同じ判型で、後者は神戸新聞の系列会社の発行とあってどこか垢抜けていて、判型も女性誌などのように大きかった。  私たちはそれぞれ『プガジャ』『エルマガ』と呼び、ネットなどなかった時代だから、映画館の上映情報などは、これらが頼りだった。『プガジャ』の映画館のチケットのプレゼントに私は熱心に応募し、これがよくまた当たっ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。