2008年7月19日号。<ソウルで不逞朝鮮人が我らが天皇陛下のお姿を火にくべたが政府も大マスコミもただ見過ごしているという驚愕の事実>。

 2008年7月19日号。<ソウルで不逞朝鮮人が我らが天皇陛下のお姿を火にくべたが政府も大マスコミもただ見過ごしているという驚愕の事実>。  4時起床。大阪。  昨日の講演は15時から。午前中、実家の座敷牢で『天国のいちばん底』の残り半分を書き上げた。  昼前に書き終える。いい感じである。おおきく深呼吸をひとつして、財布だけを持って、自転車を借りて外に出た。  風を切って走り出すと『テンソコ』に書いている70年代が私の中にまたたく間に蘇ってくる。  あれは『サンデー毎日』に連載していたころ書いた、まだ20回あたりのことだったろうか。夏休みの昼下がり、『新詩人』や、竹宮惠子先生のファンクラブの会費を振込むべく、近所の郵便局まで歩く光景を描写したのは。  見つけた。  <昼下がりの炒りつけるような太陽が、玄関を出たボクチャンの脳天をジリジリと焼く。アスファルトからは陽炎が立ちのぼり、目の前の鉄

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。