2008年7月18日。<野茂英雄という男と同時代を走り抜けられたことをこの上ない幸せと思う。だけどお互い、これからだぜ!>。

 2008年7月18日。<野茂英雄という男と同時代を走り抜けられたことをこの上ない幸せと思う。だけどお互い、これからだぜ!>。  4時半起床。尼崎市の実家。  今日は尼崎信用金庫の依頼で講演をするので一日早くこちらに来て実家に泊まった。クローズの講演なので一般の方には聴いていただけない。すみません。  オープンで聴いていただける時には、できるだけここで告知をすることにします。  夜明けどき、私の部屋である通称「座敷牢」から母屋に通じるベランダに出ると、強烈な湿度が私を抱きしめた。  これはもう日本ではないな。ボルネオやミンドロ島で感じた空気だ。  雲が巨大だ。雨の気配を孕んで佇んでいる。  シャワシャワシャワと蝉が鳴きはじめる。ふと、今年はじめて聞く蝉の声だと思う。夏の切なさが足元まで迫ってくる。  とてもいい夏になる予感だ。  昨夜は老父と義妹とその子供たち3人と一緒に、近くの中華料理屋

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。