2008年7月20日号。<タシィさんの時のように天皇陛下のお写真を不逞朝鮮人どもが燃やした事実がテレビで話したのがきっかけで拡がるといいのだが>。

 2008年7月20日号。<タシィさんの時のように天皇陛下のお写真を不逞朝鮮人どもが燃やした事実がテレビで話したのがきっかけで拡がるといいのだが>。  4時半起床。  東京でも梅雨があけた。  この時期の空を見上げると、どきどきして高揚した気分になるのは、子供のころの記憶が残っているからかもしれない。  梅雨明けとはそのまま、夏休みだった。終業式が終わっても梅雨が続いていると、夏休みを何日か損した気分になったものだ。  私の家では夏休みに入ってすぐに旅行に行くことが多かったので、いつも一生懸命梅雨明けが間に合うことを願っていた。  あのころの家族旅行でよく行ったのは、伊勢の鳥羽だった。岬の先の海を見下ろす断崖に立つホテルに泊まった。  いま調べてみると、鳥羽国際観光ホテルだ。まだあるんですね。  http://www.tobahotel.co.jp/  国際観光という名前が、いかにも高度成

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。