2008年7月10日号。<海上幕僚長に招かれた黄昏の東京湾の艦上で起きたひとつの劇的な出会い>。

 2008年7月10日号。<海上幕僚長に招かれた黄昏の東京湾の艦上で起きたひとつの劇的な出会い>。  5時起床。  人と人との出会いというのは、まことに予見がつかないものである。昨夜私は、とある人物とお目にかかり、霹靂に打たれたような思いをした。  落合たおさ(このシステムではたおさという文字を受け付けないので・泣)という名前をご記憶だろうか。  91年、湾岸戦争の終結を受けてわが国は、はじめての海外への自衛隊の派遣として、ペルシャ湾へ掃海艇部隊を送った。いわゆる「ガルフ・ドーン作戦」である。  将兵総員511名は焼けた甲板で目玉焼きができるほどの酷暑のもと、よく任務に精励し34個の機雷を処分した。その多くは隊員が海中に潜って破壊の準備をするという、まさに命懸けの作業だった。  機雷敷設の原因となった湾岸戦争でなんとかサウジアラビアに潜入しようとした私と不肖宮嶋に対して米軍のプレスは「ビザ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。