2007年12月26日号。<「官僚に責任をとらせるシテスムを作る」ということこそが最大の構造改革と知れ>。

 2007年12月26日号。<「官僚に責任をとらせるシテスムを作る」ということこそが最大の構造改革と知れ>。  4時半起床。どうも周囲で風邪が流行っていて、私も黄信号。鼻がクスクスする。喉も若干違和感があるが「ないない」と自ら言い聞かせている(苦笑)。  今日の『ストリーム』で年内のメディアへの露出は終わり。世間とのつながりは、このメールだけになる。  あなたや、あなただけが、私の生存証明をご覧になるわけだ。どこかから問い合わせがあったら「生きてるみたいだよ」と答えて下さい(笑)。  膨大に溜まっている資料読みや長い原稿書きなどがあるので、とてもオフとは言えないのだが、とりあえず、人前に顔を出さなくてもいい数日間が続く。  実は、これが危ない。昔から、ゴールデンウィークや年末年始に、私は倒れてしまうことが多いのだ。病は気からとはよく言ったもので、番組などに穴をあけられないという緊張感が半年

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。