2007年9月6日号。<アホ庁横領事案の分析から見えてきた不正免除事件の巨大な闇>。

 2007年9月6日号。<アホ庁横領事案の分析から見えてきた不正免除事件の巨大な闇>。  5時起床。  台風9号が首都圏を直撃しそうである。  台風というものは、一気に駆け抜けてくれれば、それなりのある種の達成感があるものだが、今回のそれは、高気圧が頭を押さえつけているために、どうもイライラする。  昨日も沛然たる豪雨が降るかと思えば、カッと太陽が照りつけたり。『ストリーム』出演のために外に出て街を歩いたが、まるでサウナの中にいるようだった。湿度100パーセントのところに直射日光が降り注いでいるのだから当然である。  湿度と匂いは記憶を蘇らせる。排気ガスと肌に貼りつく空気が、雨期のマニラを思い出させ、無性に切なくなった。  長く休みをとっていない。どこかで時間を作って、ふらりと帰りたいなあ。  ひょっとすると、これは、えらい発見をしてしまったのかもしれない。いや、この日記ではしょっちゅう発

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。