2007年6月27日号。<賞与返上は愚民の劣情に媚びての年金問題の本質隠しだ>。

 2007年6月27日号。<賞与返上は愚民の劣情に媚びての年金問題の本質隠しだ>。   5時起床。  昨日の午後の大阪は、真夏のような日射にもかかわらず、空はどこかうすぼんやりと春霞のようだった。  『ムーブ!』の気象予報士、清水とおるさんによると、これは支那大陸からやって来たものだという。  黄砂ではない。なんと恐るべきことに、汚染物質なのである。  西風に乗って、支那の沿岸地域の工場が吐き出している煤煙などが飛んできているというのだ。  この状況を「煙雨」と言い、西日本では今日も同様の天候になる恐れがある、と清水さん。汚染物質に強烈な太陽光線が当たると、光化学スモッグが発生する可能性があるので、今日の西日本は注意が必要だ。  それにしても、20年余り前にかかる公害を克服し、光化学スモッグも発生しなくなったわが国に、いまさら隣から汚染物質がやって来るとは。  隣に騒音ババアが住んでいたり

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。