2007年6月28日号。<公選法で賞与返上もできないのに公明党議員の「財務」はなぜいいのか>。

 2007年6月28日号。<公選法で賞与返上もできないのに公明党議員の「財務」はなぜいいのか>。  5時起床。  賞与をわずかに返上しても、残業手当てと休日出勤手当てをたっぷり貰うなら、アホ庁の職員どもは「焼け太り」だが、私も小さな声である種の「焼け太り」だと告白しておこう(苦笑)。  もう、とうに売れ行きのピークを過ぎたと思っていた『偽装国家』が、また売れているのである。  http://www.amazon.co.jp/dp/4594053084  そりゃそうだろう。  偽装ミンチに、偽装介護。天下り予防も偽装なら、独立行政法人なんて、何のことはない特殊法人が偽装して名前を変えただけだ。賞与返上も「焼け太り」なら偽装だし、ナントカというプロレス議員の出馬断念は、あたかも政策批判で男気を見せたように見せていたのが、桃色醜聞のせいだと、哀れ極まりない偽装がはげた。  これだけ世に偽装があふ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。