2007年6月3日号。<軍港・清津近くからの脱北ということに情報関係者は驚愕>。

 2007年6月3日号。<軍港・清津近くからの脱北ということに情報関係者は驚愕>。  5時半起床。  「苛政は虎よりも猛し」という言葉が、論語の檀弓篇にある。  孔子が泰山の近くを通った時に、墓に向かって泣いている女性を見かけた。弟子の子路に「何故泣いているのですか」と聞かせたところ、女性はこう言った。  「昔者吾舅死於虎、吾夫又死焉、今吾子又死焉。夫子曰、何爲不去也。曰、無苛政。夫子曰、小子識之、苛政猛於虎也。」  「昔、私の舅が虎に食い殺され、夫も食われ、今またわが子供が殺されたんです」  孔子は尋ねた。  「どうして、そんな土地を去ることをしないんだね」  女性は言った。  「この土地には、ひどい政治がないからです」  孔子は弟子たちに諭した。  「覚えておきなさい。人々の人権を奪い、収奪をする独裁者が君臨する全体主義国家に暮らすよりは、まだ虎に命を奪われる方がマシだということです」

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。