2007年6月2日号。<閣僚のクールビズがどうしてもフールビズに見えるのは私だけ?(笑)>。

 2007年6月2日号。<閣僚のクールビズがどうしてもフールビズに見えるのは私だけ?(笑)>。  5時起床。  今週はそんなにスケジュールが詰まっていたわけではないのに、身体が重い。いや、心身ともに重い。  過去の経験でわかっている。  嫌な事件について調べたり書いたりしているとこうなるのである。私はスピリチュアルなものは一切信じないが、敢えて言うなら「業」がたくさん私の上に乗っかっているような感触である。  こんな時は週末、森の中にでもいって呆然としていたいなあと思うし、そのためにそんな場所に家を建てたのだが、それができないのが悲しい。今日も、原稿をいくつか書いて、テレビの収録がある。終わって、また原稿書きだ。  私がヘンなのか、世の中がヘンなのか。  本筋の大きな問題を見ている視野の端に、そう自問自答したくなるような不思議な光景が飛び込んでくる。  昨日の閣議には驚いた。  わが第二の

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。