2007年5月24日号。<石川君を呼んだならゴルフ談義ではなくせめて教育論を語れよ>。

 2007年5月24日号。<石川君を呼んだならゴルフ談義ではなくせめて教育論を語れよ>。  5時起床。  久しぶりに、重松清さんに会った。5月31日に新著『カシオペアの丘で』上下2巻  http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/cassiopeia/  が刊行されるのを受けて、書籍取次会社である日販の機関紙『新刊展望』の依頼で対談をしたのだ。  もちろん、対談理由にはちょびっと、こちらも『彼岸まで。』という新刊本があるということもある(笑)。  場所は講談社の26階の応接間。重松さんの本のパブリシティのためのプロジェクトチームのようなのが講談社にはあるようで、重松さんをそこに陣取らせて、インタビューなどを分秒刻みに入れている。  『彼岸まで。』を手売り感覚でアピールしている身からすると、演歌歌手がアミューズ本社に呼び出されて、桑田佳祐さんと対談するよう

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。