2007年5月18日号。<極道の立てこもりで狙撃が出来ない警察のトラウマの理由とは>。

 2007年5月18日号。<極道の立てこもりで狙撃が出来ない警察のトラウマの理由とは>。  5時起床。  現在、愛知県長久手町では、まだ元極道が立てこもりを続けている。  なぜ、狙撃をしないのか。  既に3人が負傷し、1人が射殺されている。海外ならばとうに突入するケースだが、人質がいるので、このヌルい国ではまあ、それは留保するとしよう。  しかし、テレビで流れていた近所の人の証言では、午前4時ごろの射撃では、犯人は外に出て撃っているのである。  なぜそこで狙撃をしないのか。当時はもう明るくなりはじめていた。  暗視スコープをつければ、絶好のターゲットだったであろう。撃てない理由はただひとつ。「世論」なのだ。  警察官は、良民常民に危害を加える犯人を制圧するために銃を持っている。ライフルによる狙撃隊員もいる。  しかし、実際に撃つことのハードルは高い。軍を持っていても、武力を行使できないのと

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。