全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を、「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマ。ごく普通の10歳の少年オギーは、生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもっていた。幼い頃からずっと母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。「ルーム」で世界中から注目を集めた子役ジェイコブ・トレンブレイがオギー役を務め、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツが母イザベル役、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンが父ネート役をそれぞれ演じる。(映画.com

推薦コメント:mayumi
小説の映画化で、一瞬実話のようですがフィクションです。
トリーチャーコリンズ症候群(もし知らなければ検索してみてください)という生まれつき顔の骨がきちんと形成されない病気により、顔にコンプレックスを持つ10歳の少年オギーの物語。
障害や病気、動物を扱う映画は絶対に涙を誘うのでずるいとは思うのですが、この映画本当に何度見ても号泣してしまいます。
母親をジュリア・ロバーツ、父親をオーウェン・ウィルソンが演じるのですが、この二人も素晴らしいです。
小学生や中学生、多感な年頃のお子さんを持つ方も親子で見るのにもオススメの映画です。

Amazonプライム
https://www.amazon.co.jp/dp/B07J1W14JR/

予告編

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。