監督第2作目のF・A・ロビンソンが、6年の歳月をかけて製作にこぎつけた秀作。レイ役のケビン・コスナーにとっては「さよならゲーム」に続く野球作品への出演。広大なトウモロコシ畑を営むレイは、ささやかながら幸せな日々を送っていた。ある春の日の夕暮れ、彼の人生を一変させる“声”を聞く。「畑をつぶして野球場を作れば、彼が帰ってくる……」オスカー俳優バート・ランカスターが、実在の大リーガー役を演じる。(映画.com

推薦コメント:JTS
私も早くに父親を亡くした為、この映画のように、大人になった自分が父と色々な事を会話出来たら、どんなに素晴らしいだろうと、泣きました。今はもうすぐ60歳で、老化により、涙腺が緩くなっていますが、 20代の頃、あんなに泣いた映画はありません。

推薦コメント:tomtom94
息子を持つ男親が泣ける映画の定番かと思います。野球映画ではありますが、別に詳しくなくてもOKです

Amazonプライム
https://www.amazon.co.jp/dp/B00I7LQLFC/

予告編

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。