2019年11月13日号。<「桜を見る会」で思い出す >

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日から、私が顧問を務める日本最大の選挙情報サイト「選挙ドットコム」で、ネット番組が始まりました。
 メインMCは最近『四肢奮迅』を上梓した文筆家でタレントの乙武洋匡さん。解説者としておなじみの選挙プランナー松田馨君。そしてアシスタントMCにスピーチライターの千葉佳織さんの3人で、週に1、2本のスタジオ収録版とインタビューやレポートなどを入れて、ほぼ毎日お送りすることになるようです。

【新番組】 選挙ドットコムちゃんねる #1 「乙武洋匡が奮い立つ!?」
https://www.youtube.com/watch?v=8RzbcGgA2JM

 もともと、世論社(今回はVoiceJapan)の事務所で打ち合わせをさせてほしいということで、いつものように私の作業スペース横の会議テーブルを貸していたのですが、そのときに『新・血気酒会』や『ヨロンブス』で使っている機材を見て、「これごと貸してもらえませんか」という話になり、スタジオと機材をVoiceJapan社で提供することになりました。
 そんなわけなので私はただ見ているだけですが、昨日はスタッフがカメラスイッチングをする余裕が無かったので、準備から立ち会っていた私がスイッチングも手伝うことになりました。

 今回は完全に裏方なので、番組にはまったく出ないのですが、これが楽しい。程よい緊張感と、10人ほどのプロが事務所に集まってワイワイとネット番組を作っていく高揚感がたまりません。編集を担当した木田君は、19時に収録が終了してから2時間ほどで、いかにもYouTube番組という映像を作り上げ、21時の配信に間に合わせました。

 乙武さんに関しては、以前、選挙に出ようとしたときにスキャンダルを起こしてしまったので、良く思っていない人も多いでしょう。私は、そのときから「彼も男だし、酒も飲みに行く。食事はもちろん、トイレだって誰かに介助してもらわないとできないわけで、普段は男がやっているとしても、女性がやることもあるだろうし、オシッコするときにはアソコを持ってもらわないといけない。それが普通にできるくらいの仲の女性がいれば、介助してもらっているときに反応しちゃうとか、恋愛感情が湧いてしまうこともあるでしょう」と、特に批判はしませんでした。

 今回、初めて乙武さんに会って驚きました。やはり両手両足が無い姿は衝撃的でしたが、とにかく明るい。そして賢い。男性秘書がつきっきりで介助していて、誰かが手伝わないと台本も読めないのに、普通に健常者がMCで来て番組を収録しているような雰囲気になっていました。健常者という言葉も忘れるくらい。彼がいろいろな人に好かれて、テレビのコメンテーターも務めている理由がよくわかりました。
 車椅子すら使えないのです。だから移動用の椅子もコンパクトで小さな車輪しかない。そのため部屋の中でも自由に移動できる。

 自分にとっても、非常に勉強になりました。まだ機材の設定や背景の作り方など、いろいろ改善点はあるものの、台本の重要性や企画の立て方など、今後自分の番組にも応用できそうなヒントがいくつもありました。
 この「選挙ドットコムちゃんねる」は、大きく育つ可能性を感じるものの、しばらくは赤字の中で進めていかなくてはならないでしょう。どこまで持つか。
 私はスタジオ代をもらうくらいなので、それ以上は顧問としての参加となりますが、毎週収録が行われるので、できる限り関わっていくつもりです。

 そして、明日の19時から『新・血気酒会』をお送りします。こちらはいつものとおり、オペーレーションまで含めて撮影・配信は私ひとりで行います。迂闊屋はオープニング映像を作って、定時で帰宅。なんとホワイトな会社だ(笑)。ゲストに競馬予想家のTAROさんを迎えて「競馬は何が面白いのか」をお聞きします。T-1君が東京を離れてしまっていて参加できず、依田さんも来れないのでふたりだけです。観覧は随時受け付けているので、希望される方は連絡ください。

 そもそも、なぜ血気酒会で競馬の話をするのか。
 それは、以前、TARO(本名は山本太朗)さんが勝谷さんの血気酒会に観覧に来たときから話は始まります。
 そのとき彼は、『××な日々。』の読者のひとりで観覧しに来たという立場だったのですが、その後、何度かメールでやり取りをする中で、彼が競馬の専門家ということに興味を持ちました。
 私はギャンブルはやらず、競馬にもまったく興味がないのですが、CSで競馬専門チャンネルがあったり、競馬を語る人がやけに熱いのが気になっていました。そこで、彼の書いた記事を読んだときに「これは実際に来てもらって話を聞いたら面白いのではないか」と思ったのです。先日、競馬ではなく馬そのものに関心を持つ出来事があり、それも企画の後押しをしました。

 明日のテーマはひとつ。「競馬って何が面白いのか?」ということで話を伺います。社会派というか酒会派(笑)というか、依存症の話までできれば良いのですが、とにかく競馬の面白さを教えてもらいます。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。