2019年10月14日号。<「まずまずに収まった」というのは、今回の台風被害の特徴をあらわしている>

 おはようございます。ヨロンです。

 ラグビーについて下手なコメントは差し控えます(苦笑)。今回は、ルールもろくに知らない私でも、最初から最後まで唸ったり歓声をあげたり。試合が終わったときには、涙を流しながらガッツポーズを作っていました。テレビを見ていただけなのにぐったりして奥歯が痛くなるという。笑っちゃいますね。
 会場となった日産スタジアムは、以前ランニングの練習でよく通っていました。昨日の朝は、練習場にしている近くの公園が水浸しになっていたので開催されるか心配だったのですが、関係者が必死にグラウンドのメンテンナスをした結果でしょう。無事に開催され、今回の偉業に繋がりました。

■千曲川の堤防決壊

 台風の爪痕は大きく、昨日は「千曲川の堤防決壊」とサラッと触れただけですが、かなり深刻な状況となっているようです。
 まず、信濃川と千曲川の違いがわからない人がいるかもしれないので簡単に説明すると、日本で一番長い川の「信濃川」と、五木ひろしの歌の題名になったり、「小諸なる古城のほとり」で有名な島崎藤村『千曲川旅情の歌』の「千曲川」は同じです。
 新潟県内を流れる部分が信濃川で、長野県側が千曲川と言われていて、千曲川の部分の方が長いのですが、河川法上は全部ひっくるめて「信濃川」となるそうです。

 今回の堤防決壊は、長野市穂保というところで、この地名は知らなかったのですが、見てみると長野市の北の方(新潟寄り)で小布施の近くとなります。
 この他にも、千曲川では東御市の私の実家近くにある田中橋が崩れて3人が行方不明、そこから少し下流に行ったところの上田電鉄別所線の橋が一部崩れ落ちました。
 別所線の赤い橋は、上田市に生まれ育った私としては子どもの頃からの風景として目に焼き付いています。高校まではこの橋から1キロほどの専売公社社宅に住んでいたこともあり、その橋が崩れた映像を見たときはショックでした。別所線は、映画『サマーウォーズ』の舞台ともなっていたので、確かめてはいませんが、たぶん映画にも登場したと思います。私の実家は被害がなかったのですが、弟の職場に土砂が流れ込んでいて、昨日は一日土砂の掻き出しをやっていたようです。
 自分が被害に遭わなくても、少しでも関わるところがあると、一気に身近になりますね。被災した友人・知人を案ずるのはもちろんですが、経営的に余裕がない上田電鉄の復旧や、水に浸かってしまった新幹線の車両は使い物になるのだろうか、ということまで気になってしまいます。
 他にもいくつもの川で氾濫・堤防決壊が起こり、多くの家が浸水しているので、今はとにかく今後被害が拡大せずに、一日も早く落ち着くことを願っています。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。