2019年7月8日号。<~はじまり~ 1974年秋:高野登>

 おはようございます。ヨロンです。

 なかなかパッとしない天候が続きますね。休日に、外出の予定もなく家にいるのであれば雨も良いものですが、選挙を戦っている皆さんは大変です。
 郵政選挙のときに、亀井静香さんが雨の中ずぶ濡れになりながら街頭演説する姿がテレビで流れ、それが大逆転のきっかけになったと言われていましたが、私はマイクが壊れるんじゃないかと、そればかり気になっていました。選挙カーに設置するスピーカーは防水仕様にしますが、防水仕様になっていないマイクは、雨が侵入すると一発で使えなくなります。

 参院選は知事選と並んで17日間と最も長い選挙期間となっていますが、それは全県となるために選挙区が最も広いからです。比例区は全国ですが、たいていは支持組織があるので、重点地区を何点か決めてそこをまわります。
 今週末に「中盤情勢」としてメディアが情勢を発表しますが、業界でも注目しているサイトがこれです。
「三春充希(はる) ☆2019参院選情勢情報部」
ここの、7日時点での情勢一覧がこちら。
「第25回参院選 情勢報道集約(7月7日)」
https://note.mu/miraisyakai/n/n055944669cb9

 選挙区の全候補者の現時点での情勢を、毎日、朝日、共同の順に並べています。
 ここで、赤い「安定」「優位」などとなっていところは、当選がほぼ確定と言える状況で、黄色や薄い青は接戦なのでまだわからない。濃い青や黒の「記述なし」というとなっている候補者は、残念ながら当選の可能性はほぼありません。気になる選挙区を見てみましょう。
 これを見ると、大阪は4枠目を維新、立憲、共産で。兵庫は3枠目を公明と立憲で激しく競っていることがわかります。

 これが一週間でどのように変化して、最後の一週間でどうなるのか。大勢は大きく変わらないとしても、数箇所でドラマが生まれるのが選挙の醍醐味だと他人事のように今は言っておきます。

 さて、元リッツ・カールトン・ホテル日本支社長で、「寺子屋百年塾」を全国に展開している高野登さんのコラム第2弾です。
 前回はいきなり、アメリカのリッツカールトンで受けたホスピタリティの話だったので、「高野さんがVIPだから、このようなサービスを受けられたのではないか」と感じた方もいたようですが、基本的にリッツカールトンでは世界中どこでも、このようなサービスが行われます。
 もちろんマニュアルもありますが、常にホテルのスタッフが「お客様のために何をしたらベストなのか」を考え、自らの裁量で判断を下して、それを他部署と共有・連携して行動できるようになっています。
 そのため、ルームサービスの担当者であっても、日本円にして約20万円が自由に使える権利があるのです。大阪のベッドメイクのスタッフが、お客様が今日使う資料が忘れられているのを発見し、それを持って自らが新幹線に乗って届けたという話は有名で、高野さんの著書にもあります。詳しくは、高野さんの著書をご覧ください

 そのようなホスピタリティに関するヒントも知りたいところですが、今日は高校を出てからホテルスクール一期生としてアメリカに渡り、世界的なホテルで修行を積んだ高野さんの、駆け出しのころのエピソードを書いていただきました。
 さて、続きはどうなるのか。今こうして活躍しているということは、無事ではあったのでしょうけれど。早く読みたくなります。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。