2018年12月25日号。<『カツヤマサヒコSHOW』誕生の思い出:久保仁>。

 おはようございます。ヨロンです。  今日は、おなじみ『カツヤマサヒコSHOW』の久保Pこと久保仁さんからいただいた追悼文をお送りします。 久保さんは、パッと見「冷静沈着でキレッキレの敏腕プロデューサー」風ですが、実は熱血漢でアツい漢です。と、ここまで書いて「あれ?西日本出版の内山社長に似てる」と気が付きました。そういえば、私が勝谷関連でお会いした方たちは、もれなくアツい。人間的な魅力に溢れている

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。