2018年8月15日号<敗戦の 日に読む戦記 蝉の声>。

  • <全国戦没者追悼式/天皇陛下、最後の参列に>
  • <日韓くすぶる「歴史」の火種/韓国で「慰安婦の日」>
  • <韓国の慰安婦像は建てっぱなし、管理不足に批判の声 中国メディア>
  • <ウイグル100万人収容は「事実無根」、中国が否定>

 

 4時起床。軽井沢。
 妙義山の上に朝日が登るなか、素晴らしい風が入って来る。気温は20度を少し過ぎたか、いや24度くらいはあるか。昨夜は寒くて、布団にくるまって寝たものである。もちろん窓は閉めているのだが。妙義山の上には幾筋も横に長い雲があって、それが、下から順番に染まっていく。しばらくしてから太陽がやって来るのである。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。
1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。

※勝谷の入院と体調悪化に際し、発行者の高橋ヨロン、マネージャーのT-1,そして勝谷にゆかりの作家、編集者、ライターを新執筆者に迎え、ここだけでしか読めない「私信」を毎朝お送りします。