2018年2月16日号。<血気酒会、楽しかったね。またやりましょう>。

  • 日記
  • <子どもへの体罰、大人の過半数が容認>
  • <都が「地域危険度」をランク公表/下町の地震対策、道半ば>

 

 4時起床。尼崎市の自宅。
 最近、よくものをなくす。明らかな老化のひとつであると自覚している。写真家というのは軍人とさまざまな点で一致していて、だから両方のおたくの不肖・宮嶋茂樹大先生のような方が出て来るのだが、最大の共通点は「装備をなくさない」「装備を忘れない」ということだ。軍人の場合だと、命取りになる。写真家であっても「職業的な命とり」になる。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。