2018年1月22日号。<毎日のように浴びる罵詈雑言を屁とも思わないのは、褒められたことがない人生だからかも>。

  • <知事選に見た咢堂選挙の面影>
  • <評論家・西部邁さん死去/多摩川で自殺か/78歳、正論執筆メンバー>

 

 3時半起床。尼崎市の自宅。
 人生で、ひとに褒められたということがまずない。心のこもった褒辞を受けたことがないというべきか。小学生の時は「神童」であった。間違いなく。全国で片手の指に入るほどカシコであったと思う。少なくとも阪神間ではそうだった。だから受験技術をサボって灘中に入った順位は平凡だったし、そのあと底までおちてついに卒業まず浮上しなかったのはご存じの通り。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。