2017年2月25日号。<突然ではなく、ちょっと思っている。しばらくマニラに住もうかなあ>。

  • <笛吹けど?大盛況?実況プレミアムフライデー>
  • <金正男暗殺事件の毒薬はVXガス/マレーシア警察が発表>
  • <森友学園への国有地売却問題/財務省「交渉記録は既に廃棄」>
  • <国家警察は24日朝、上院でデリマ議員を逮捕。国家警察本部内の拘置所に収監>

 3時起床。尼崎市の自宅。
 私がこの国の頂点にいて、何でもできる立場であったら。子どものころの夢は「世界大総統」であって、マジメに周囲にそう言っていた。あきらかに病気として精神的におかしかったと思う。えっ?今もだ?うん、その通りかも知れない。
 で、何でもできる立場であったら。うんと小さくなって日本国で、でもいいや。愚民、おっと人々に対してひとつだけ言う。「働こう」だ。人類が人類である理由は「働くことができるから」である。「働きアリ」とか「働きハチ」はいる。だがあれは奴隷労働だ。自分の目的を持って、自分の立場を知って、自分の将来のために働くという知能を持って、人類はサルから人類になったのである。
 日本国はその意味でもトップランナーであった。幕末から維新にかけて日本国に来た外国人の書いたものを見ると、とにかくその勤勉さに驚いている。日本人も国をひらいて驚いた。「ラテンの国々では、昼にワインを呑んで、そのあと昼寝するんだってよ」。私が海外に出始めたころはそれは神話のように語られていて、その通りであった。わざわざイタリアやスペインで、まねをしてみたものである。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。