2017年2月24日号。<なんでそんなに朝鮮好きなの?自国のことを書いてよ、天声人語>。

  • 日記
  • <天声人語/サムスン茫然自失>
  • <アマゾン宅配急増、ヤマトに集中/「今の荷物量、無理」>

 3時半起床。
 で~お、いでで~お、と呟きながらよろよろとリビングを歩く。左足の状況は、どうも日々良くなるというよりも悪化している。爪先とカカトの両方をやられていると、どうやって歩けばいいというのか。こんなことをしていると、そのうちきっとまた指をどこぞに打ちつけて、まだ残っているガラス破片を踏むに違いない。真剣に、孤独な本当の老人としての自分の風景が浮かんできた。
 まだ身体が自由になるうちは、マジメに考えないのである。そのうち軽井沢で偏屈な仙人をやろうと思ってあの家を建てたのだが、今になると「しまった」と悟る。最初、エレベーターを入れようと計画した。まだ存命だった亡母がほぼ車椅子状態だったので、そのためという、まるで支那のどこぞの昔の書物に出てきそうな孝子である。だが何百万円かをケチって、あろうことか螺旋階段にした。その階段を降りる時に、いまの私は手すりに手を添えて慎重そのものだ。
 この状態では、ちょっとそれでも自分で降りるのは難しいかも。ああ、情けは人のためならず。オノレのためにエレベーターを入れておくべきであった。あっ、いちどここで書いたかな。その螺旋階段を映画のような「階段落ちを」したことを。思い出すと妙な自信が湧いてくる。あれで死ななかったのだから、少々のことではくたばるまい。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。