2017年2月11日号。<ほぼ徹夜して書きました。どこよりも早くわかりやすい、日米首脳会談解説(自画自賛・笑)>。

  • <安倍晋三首相「私は朝日新聞に勝った」/トランプ大統領「俺も勝った!」/ゴルフ会談で日米同盟はより強固になるか?>
  • <日米共同声明 安保 経済での緊密連携を強調>
  • <「建国記念の日」を迎えるに当たっての内閣総理大臣メッセージ>

 2時起床。紀元節。
 皇紀2677年のこのよき日をお祝い奉る。起きると同時にいつものように、マグネットで台座を扉に貼り付け、日の丸を掲揚した。前夜にやると、アブないヒトが住んでいるのかと思われるので、ちょっと早起きしておこなうのである。日の丸を出したくらいで目立つというのもおかしいのだが。
 昭和23年、紀元節はアメリカの日本占領軍司令部によって廃止を命じられた。そこですぐに「建国記念の日」に名称が変わったというわけではない。なくなってしまったのだ。いくさに負けて国が滅びるというのはこういうことである。国のもといとなるべき祝日が喪われた間にいまの憲法が出来たということは、もっと実感として国民は理解するべきであろう。
 それが「建国記念の日」として復活したのは実に昭和41年のことだ。実際に祝日になったのは42年であったか。先の東京五輪が行われたあとということになる。日本国とアメリカとのそういう因縁があるまさにその時に、アメリカのドナルド・トランプ新大統領と安倍晋三首相との公式としては初の会談が行われているというのは、まことに興味深い。陰謀史観の私としては、ひょっとして双方でこのタイミングを選んだのではないかとすら思う。というのも、あまりに歌舞伎を見るような儀式ばった(いい意味で)イベントだったからだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。