2016年5月1日号。<支那人の入国をこれ以上緩和してどうするの。コンビニで日本語通じなくなるよ>。

  • 日記
  • <勝谷誠彦氏 サンミュージックと文春関係深い>
  • <中日外相が会談、関係改善に4つの提言>
  • <訪日中国人のビザ緩和>
  • <有田焼400年>

3時起床。
明るくなってきた5時前に散歩に出る。いつでも帰ることができるので、何もこんでいる時期に軽井沢の拙宅に戻ることもないと考えているが、いちばんいい季節なのでちょっとくやしい。まあ思い立てば東京駅まで出て1時間乗ればいいので、行くかも知れぬ。しかし、都心でも充分ではないかと、さきほどは自分を慰めたのだ。時刻のせいもあるが、誰も歩いていない。街路樹の新緑は美しく、鳥の声がそこここから響く。スズメだけれども(笑)。ひとが少ないというだけではなく、都市としての本来の活動を休んでいるせいか、空気が清浄だ。盆や正月の休みも同様なのだが、暑すぎたり寒すぎたりで、この季節がやはりいい。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。