2016年3月21日号。<私は社会主義は嫌いだが、強靱でしなやかな国を築いたキューバは、支那よりもよほど偉いと思う。民族性だね>。

2016年3月21日号。<私は社会主義は嫌いだが、強靱でしなやかな国を築いたキューバは、支那よりもよほど偉いと思う。民族性だね>。  3時半起床。  何もかも捨ててひとりだけの人生を歩いていると「思い込み」を訂正してくれる存在がない。歳をとって頭の回転も悪くなり、頑迷になると思わぬ失敗をすることがある。  祝日に日の丸を掲げるのは昔からの夢であった。かつては多くの家には玄関の横に「旗竿差し」の金具があったものだ。うちは確か、それがなかったので、玄関の柱に斜めにさしかけた旗竿を荒縄で結んで支えていた。開業医で儲かっていたんだから「旗竿差し」くらい買え、だよなあ。今の人々には信じられないかも知れないが「旗日」(はたび)という言葉が生きていたころは、尼崎市の下町であっても、駅から実家まで歩く間に、家々に多くの日の丸が見えたものだ。  東京に出てきてマンション暮らしになって日の丸掲揚はあきらめてい

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。