2015年10月22日号。<「顧客の不安を指摘」されて泣く旭化成社長。住民はますます不安になるだろうよ。この会社、ダメだ>。

2015年10月22日号。<「顧客の不安を指摘」されて泣く旭化成社長。住民はますます不安になるだろうよ。この会社、ダメだ>。  4時半起床。  これまた思わぬ反響、というかよほど私はスーツなど持っていないと思われていたのか「意外」とか「馬子にも衣装」とか、大勢がよくいじって下さった。『京都デニム』は私がそればかりはいて、あちこちで書きまくっているせいもあるのかすっかり有名になったが、このスーツも同じ路線。「高くても日本人にしか作れないものを売り出して行くのが地方創生への道だ」が持論の私としては、旅に出るとそうしたものを探す。スーツは倉敷の『インブルー』で作ったものだ。  http://www.inblue.jp/  なんとデニムなのである。どれだけデニム好きやねん。倉敷の誇る地場産業であるデニム製品の頂点と言えるだろう。『京都デニム』と同じで、安くはない。しかし「いいものを長く」使うことと

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。