2015年10月21日号。<伊勢神宮の、というよりも日本国のもっとも尊い場所のひとつに抱かれるという稀有な体験をした>。

2015年10月21日号。<伊勢神宮の、というよりも日本国のもっとも尊い場所のひとつに抱かれるという稀有な体験をした>。  4時半起床。  眠い。昨日は家に帰り着いて23時。いつも感じるが新幹線と近鉄特急に同じくらいの長さを乗らねばならない伊勢は遠い。しかし、そんなことは吹き飛ぶほどの尊い体験をした今回の旅であった。  昼前に名古屋を出て14時から伊勢で講演をする。県営のサンアリーナという巨大な施設で、来年のサミットの時にはプレスセンターになるかもしれないという。世界中日本中から記者たちが来るわけだ。ちなみに地元のホスト役となる鈴木英敬三重県知事は私の灘校の後輩である。ホールいっぱいに入って下さった上に立ち見まで出る聴衆を前に90分喋る。いつものように立ってあちこちうろうろしながらだが、これが実はきつかった。装具をつけているにもかかわらず、終えると左足が痛いの何の。話している間は感じないの

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。