2015年9月15日号。<興味があるし、ひょっとすると魅かれるかも(笑)。国会前にいる方々に「論理的に」話を聞きたい>。

2015年9月15日号。<興味があるし、ひょっとすると魅かれるかも(笑)。国会前にいる方々に「論理的に」話を聞きたい>。  3時起床。尼崎の家。サンテレビの収録のため。  これがまた、居心地がいいのである。困ったなあ。事務所として使っている2番町の部屋をのぞけば、どこでもおそらく一家がそのまま快適に暮らしていける。尼崎の家はタワーマンションの高層にあって、今日は鰯雲が浮ぶ空と私が生まれ育った街を眼下に見ることができる。ああ、このままここに住んで、もう仕事もしないで生きていきたい、と思うのである。しかしそれは軽井沢の拙宅にいる時はもっと強烈な想いで「なんで東京でアホ(すみません、すみません。一般論とコラムニストの勢いです)と仕事をしているのだろうとどうしても考えてしまう。  東京の家は、いつも住んでいるわけであって、私が珍しく住み続けているというのは、居心地がいいのでしょう。軽井沢は若気の至

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。