2015年4月17日号。<シュレディンガーのパパ>。

2015年4月17日号。<シュレディンガーのパパ>。  3時半起床。大阪はミナミ。  起きた瞬間、自分がどこにいるのかわからない。昔はそれでいろいろとトラブルを…にょごにょご。もう長く、ひとりで寝ているのでそっちの問題はないが。楽です。そういう意味では、なんであんな面倒くさいことをいろいろとやっていたのかと馬鹿らしくなる。とはいえ自分で、どこにいるのかをしばらく真っ暗な天井を眺めながら考えているというのもいかがなものかとは。ここで死んだらマネジャーのT-1君が近くの警察に届けてそれでおしまいなんだろうなあ。  『彼岸まで。』というのは私の下手くそな小説だが、  http://www.amazon.co.jp/dp/4334925456  これについて書いてくれた東良美季さんの書評は、人生の宝物である。  http://d.hatena.ne.jp/tohramiki/20070518  こ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。