2015年2月1日号。<助けられなかった二人の同胞の死を無駄にしない「この国の次のかたち」を生み出すのが、せめてもの私たちの償いだ>。

2015年2月1日号。<助けられなかった二人の同胞の死を無駄にしない「この国の次のかたち」を生み出すのが、せめてもの私たちの償いだ>。  4時起床。  後藤健二さん、ごめんなさい。私たちはあなたを救うことができなかった。口惜しい。何が口惜しいって私たちが「非対称戦争」しかできなかったことだ。あちらは武器をもって日本人を脅し、殺害した。しかし私たちは口舌を持って闘うしかなかった。あとでまた述べると思うが、これがいかに自国民に対する、国家としての責任を放棄しているかということについて、このあまりにも惜しい犠牲を出してしまった機会に、ちゃんと考えた方がいいのではないか。  <後藤健二さん殺害か/「イスラム国」が新たな動画>  http://www.asahi.com/articles/ASH1T5RC5H1TUHBI01G.html?iref=comtop_6_01  <過激派組織「イスラム国」

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。