2014年11月30日号。<『黒島』の話を、ぜひ覚えていてください>。

2014年11月30日号。<『黒島』の話を、ぜひ覚えていてください>。  4時起床。  おかげさまでいい会になりました。『黒島を忘れない』の出版のためのクラウドファンディングで、ある金額以上を頂戴した方々をご招待するイベントが昨日、あったのだ。  http://shootingstar.jp/projects/1212  恥ずかしながら『東京麺通団 茅場町食堂』で心をこめておもてなしをさせてもらった。パロマスこと森智秀マスターも、場の空気というものが読めたのだろう。いつものようにトトロ的に存在しながらも、緊張感があった。さすがである。何というかね「厳粛」な会だった。考えてみればこんなに重たいテーマもない。そもそもが特攻隊の方々を扱った物語であり、それを描いた小林広司さんも、あたかも英霊のあとを追うように急逝されているのである。  会がはじまってしばらくして、あっ、と思った。こういう場が持て

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。