2014年12月1日号。<高倉健さんの追悼特集で山口組の「三代目お嬢」に聞く『週刊文春』はなかなか。私も昔、お目にかかっていたことを思い出す>。

2014年12月1日号。<高倉健さんの追悼特集で山口組の「三代目お嬢」に聞く『週刊文春』はなかなか。私も昔、お目にかかっていたことを思い出す>。  2時起床。  凄いなあ。  親子ほどに歳の違う二人である。しかしこの週末、両方に感動した。え~、また今から行く『スッキリ!!』で「迂闊屋」な発言をするといろいろ言われそうなので、ここでガス抜きしておこう(笑)。  <羽生ファイナルへ滑りきった>  http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20141130-1402847.html  <「終わった」。羽生は花束が舞う演技後のリンクでつぶやいた。「いろいろな意味ですが、絶望的に終わったですね」。到底満足できる出来ではない。ファイナル出場を逃したと思った意味での「終わった」。そして、苦しい試合が「終わった」。さまざまな気持ちが4文字に凝縮した。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。