2014年11月15日号。<朝日新聞と戦って30年。相手の大将が切腹するというのに、この空しさを、相手のために惜しく思う。>

2014年11月15日号。<朝日新聞と戦って30年。相手の大将が切腹するというのに、この空しさを、相手のために惜しく思う。>  2時半起床。大阪。  今日は横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて37年目の日になる。私とそんなに年が違わない彼女が今も苦痛の中にいて、ここで私がぬくぬくとしていることが耐えられない。しかし、この痛みを同じように感じる日本人がどれほどいるのか!  自国民の自由が奪われたならば、その国家はすべての力をもって奪還するべきである。軍隊とはそのためにあるんですよ。その義務を37年間も放棄している日本国を、私は国家としては愛しているが、かかる部分では恥と考えざるを得ない。明日もお送りするつもりの駄作小説『天国のいちばん底』は、本当は明日の回で小説内での「リアルタイム」でめぐみさんの拉致について触れるつもりだった。小説家というのは、何年もかけてそういう仕掛けをするのです。ところが

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。