2014年10月5日号。<「人生二毛作」。子宮に関しては本当にそうなっちゃったという、もはやSFの世界>。

2014年10月5日号。<「人生二毛作」。子宮に関しては本当にそうなっちゃったという、もはやSFの世界>。  4時起床。  東京は雨。北朝鮮はどうだろうか。横田めぐみさんは、どんな空を見上げながら、50歳という節目の誕生日を迎えたのだろう。  <めぐみさんがきょう50歳/「必ず助けてあげたい」横田夫妻ら川崎で訴え>  http://www.kanaloco.jp/article/78588/cms_id/105010  <北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(失踪当時13歳)は5日、50歳の誕生日を迎える。1977年11月に新潟市で拉致されてから37年間、娘の生存を信じ続けてきた父滋さん(81)、母早紀江さん(78)夫妻は、「一刻も早く、めぐみの顔が見られる日が来ることを願っている」と語った。>  この37年間で、今年はようやく、もっとも具体的で大きな動きがあったのではないだろうか。横田

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。