2014年5月20日号。<Fukushima50の美談の裏に大量の「敵前逃亡」があったという衝撃。危なかったなあ>。

2014年5月20日号。<Fukushima50の美談の裏に大量の「敵前逃亡」があったという衝撃。危なかったなあ>。  4時起床。  新聞受けから取り出した瞬間に目が点になった朝日新聞の超弩級のスクープがあるのだが(褒める時はちゃんと褒めます)三文写真家でかつ三流素人ボクサー(謙遜ではありません。なかなか8戦7敗というのは、やろうと思ってもできないと思う・泣)としては、この一枚はまず今日という日のはじまりに掲げたかったのだ。  抜群にいい写真です。写真というものは技術ではないということをこれほど示している一枚はない。ケレン味はないが、撮り手はなによりも愛情をもってシャッターを切っている。かつ、撮られる人々が、そのことをこよなく喜んでいる。錚々たる現役の王者たちが、だ。真ん中にいる人物への敬愛のためであることは言うまでもないだろう。その人、袴田巌さんの、この存在感はどうであろうか。娑婆との縁

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。