2013年9月18日号。<台風一過。日本人がいまもっとも気になることのひとつ「気象」を語る楽しい本を紹介しよう>。

2013年9月18日号。<台風一過。日本人がいまもっとも気になることのひとつ「気象」を語る楽しい本を紹介しよう>。  4時起床。  明るくなると、窓をあけて日記を書くようになった。入って来る払暁の空気はには葉緑素の香りがたっぷりと含まれている。新緑の季節ならともかく、これから冬へと向かっていくというのに、植物にはまだまだ生命力があるようなのだ。  空がすっかり蒼く晴れ渡ると、美しい飛行機雲がそれを二つに切り裂いていた。思わずユーミンのあの歌が出てしまう。今の若い人たちにとっては「『風立ちぬ』の主題歌」でしょうかね。  季節が変わりきったせいか、身体がきわめて軽い。絶好調である。そもそも私がいちばん好きな季節は冬。軽井沢に住んだのも、あそこの凛とした冬が好きだからだ。花粉症に苦しんでいたころは春がもっとも苦手だったが、克服した今では夏が辛いなあ。  調子がいいのは、ボクシングの試合に向けてこ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。