2013年8月5日号。<靖国の社に鎮まりたまう19歳たちよ。この時のあなたがたの歳の日本人を見て下さい>。

2013年8月5日号。<靖国の社に鎮まりたまう19歳たちよ。この時のあなたがたの歳の日本人を見て下さい>。  2時半起床。  先日、博多での印象を書いたが、東京もすっかり夜明けの気配が遅くなってきた。今週は立秋があるが、この異様な暑さの夏でも暦はそれなりに回っているようではある。  というような時期。不思議なのだが、この季節になると、近くの靖国神社からなんとなく気配のようなものが漂って来るのである。機械で計測はできないけれども、押してくる何かがある。私が特殊な体質なのかな。いや、人々のそういう思いがあの社を成り立たせているのではないか。  18歳、19歳という年齢で、いまの私たちが幸せであって欲しいと願って散っていった若者たちがいた。真っ当な戦場での戦いならともかく、現場を知らない役人に兵站を断たれ、最後にはその創設者である大西瀧治郎中将をして「統率の外道」と言わしめた(大西閣下は「創設者

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。