2013年8月4日号。<麻生さんの大マスコミ言うところの「ナチス発言」について、私なりに語ってみようか>。

2013年8月4日号。<麻生さんの大マスコミ言うところの「ナチス発言」について、私なりに語ってみようか>。  2時半起床。  お待ちどうさま。麻生太郎副総理のナチスに関する発言についてそろそろ書こうか。  日曜日なのでゴージャス版で行こうと思う(笑)。今から書くことは、世界中のいかなるメディアでも読めないと思うので、まあひとつの物語として楽しんでいただければ幸いだ。さあ、どこから行こうか。  私が文藝春秋を辞めたのは所属していた『マルコポーロ』がユダヤ人団体の脅迫によって廃刊させられたからであった。もっと言えば、私の師匠の花田紀凱さんがとらなくてもいい責任をとって、辞めざるをえない立場に追い込まれたからである。そのころの彼はまさに文春を引っ張っている存在であって、やがてはトップに立つと誰からも思われていた。しかしこれが理由で閑職に追いやられ、事実上、クビになった。私はその追い腹を切って、別

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。