2012年12月31日号。<きたるべき年は、きっともっとみんなが楽しくなるよ!>。

2012年12月31日号。<きたるべき年は、きっともっとみんなが楽しくなるよ!>。  3時起床。  大晦日の楽しみは、早朝に届く朝日新聞の天声人語を読むことである。なぜか常に「悪い年」であったことになっている。「いい年」だと文句を言う朝日新聞の立場がないからであろう。  今年は特に朝日にとっては「悪い年」であったらしい。ということは良民常民にとっては「そう悪い年ではなかった」ということだ(笑)。  いつもの「引用ウンチクの所作」で始まる。常人にはちょっと思いつかない「文化人」を持ってくるのが芸だ。  <オランダに長く暮らすモーレンカンプふゆこさんから、句集『風鈴白夜(ふうりんびゃくや)』(冬花〈とうか〉社)をいただいた。かつて小欄で、遠き日本を思う〈手の中に団栗(どんぐり)という故国あり〉を引いた作家だ。趣を異にする句が目に留まった。〈寒灯下(かんとうか)曲がってしまった曲(まが)り角〉/

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。