2012年12月6日号。<ひとりいる 贅に驕るや 五十二歳>。

2012年12月6日号。<ひとりいる 贅に驕るや 五十二歳>。  4時起床。  う~ん、これまででもっとも枯れた誕生日かも知れない。まことにいいことだ。  52歳になった。子どものころ、自分が40歳になる時のことを想ってゾッとしたものだが、それをひとまわり過ぎたわけだ。  明後日、福岡で『CUBE』があるので今日から西へ移動。せっかくなら途中で田中康夫さんの応援に入ろうと、今夜のうちに尼崎の実家まで行く。実家に泊まりはするが、それ以外に誰とも会わない。誕生日だからといって「特別」だった昔は、あれはいったい何だったのだろう。  本当はこうやって特別めいたことを今日書くことすら、自分では嫌になっている。何なんだろうなあ。ここ数年、生きていることに関する考え方がかなり変わった。意識してそうしている部分もある。  「執着」がなくなったんですかね。これは自由に生きているものとしてはかなり危険な現象で

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。