2012年11月28日号。<「いまそこにある危機」たる琵琶湖で新党が立ち上がったことの重要な意義を読み解け>。

2012年11月28日号。<「いまそこにある危機」たる琵琶湖で新党が立ち上がったことの重要な意義を読み解け>。  4時半起床。  今さらながら振り返ると、今度こそ勝つぞという気持ちでボクシングの試合と向かい合ったおかげで、日々の過ごし方がずいぶんとリセットされた感触がある。自分で言うのも何ですが、勤勉になったんですね。  勝つにはある程度の練習時間を捻出しなくてはいけない。そのためにはまだまだ遊んでいた部分を削り取り、削ぎ落すしかない。また、どこでどう練習を潜りこませることができるかわからないから、おのずから締め切りも前倒しで書くようになっていた。この日記でもたとえば月末に集中する原稿を、早め早めに書き上げていることに、気づく方は気づいておられたのではないか。  酒量も減ったし、食べ物にもずいぶんと気を使うようになった。フットワークも軽い。昨日の夜明け前も桑名のホテルのフロントに「コンビニ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。