2012年9月2日号。<リゾートでない沖縄をヤマトがもっと肌で感じることこそが、あらゆる問題の解決方法ではないか>。

2012年9月2日号。<リゾートでない沖縄をヤマトがもっと肌で感じることこそが、あらゆる問題の解決方法ではないか>。  3時半起床。沖縄。  ちょうど今頃、東京から考えればはるかに私から近い尖閣諸島に、東京都の船は接近しているとのことである。  <東京都調査船 尖閣諸島周辺海域に到着>  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120902/t10014714931000.html  <都の職員をはじめ、不動産鑑定士や海洋政策に詳しい専門家など25人を乗せた大型の調査船「航洋丸」(2400トン)は1日午後10時ごろ、沖縄県石垣市の港を出発し、7時間ほどたった午前5時ごろ、調査を行う尖閣諸島周辺の海域に到着しました。  周辺の波は穏やかで、雲はありますが、晴れているということです。  今回の調査は、政府が島への上陸を許可しなかったため、都が借り上げた船の上から行わ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。