2012年6月25日号。<エジプト大統領選。ソフトな顔をしていても公明党の首相が誕生すればどうなのかな、と考えればいいんですよ>。

 2012年6月25日号。<エジプト大統領選。ソフトな顔をしていても公明党の首相が誕生すればどうなのかな、と考えればいいんですよ>。  2時半起床。  梅雨寒の朝はまだ漆黒の闇。その中で、気の早い鳥たちが啼いている。  窓と玄関のドアをあけて風を通す。そしてキーボードの明かりだけでこれを書き始める。ああ、こういうことが何度かあったなあ、と既視感に襲われる。  アジアや、ことによると中東の夜明けだ。あそこでは鳥たちとの距離が近い。そしていつも空気が動いている。空気は日本でも動いているのだが、私たちが閉鎖的な空間に閉じ籠もっているので感じないだけだ。  思い出す朝の私はいつもドキドキしている。今日、これから危ない場所に行くべきかどうなのか。行かなければ行かないでも仕事になる。しかし行かなければ自分の功名心は満たされない。  必ずしも弾が飛んでくる場所ではない。足を滑らすと命を失う地形の場合もあ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。