2011年12月9日号。<とうとうこの狂った奴隷国家は支那に「誓約書」を差し出したという驚くべき報道>。

 2011年12月9日号。<とうとうこの狂った奴隷国家は支那に「誓約書」を差し出したという驚くべき報道>。  4時起床。博多流連。いや、別に遊んでいるわけではないけれども。  流連という言葉が昔から好きでね。女郎屋にずっと流連、と書いて「いつづける」と読む。そういう人生を送ってみたいなあ。  喉の腫れが右側から左側にうつった。しかし熱はどうやら下がったみたいで。ちゃんと薬をのんでいるせいかな。  薬を一切のまない人生を送ってきた。先日書いたように実家にいるころは医院の薬棚から好き勝手に薬を持ちだしては服用していたのである。ところが東京に出て極貧生活をするようになって、医者に行くのはカネがかかるということを理解したとたんに、全く薬をのまなくなった。薬局に行っても、もともと薬のことはわかっているので「この程度の」というものがこんなに高いのかと仰天したものだ。  のまなくても、病気というものが治

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。