2011年12月6日号。<今日から51年目の人生を迎える私は「きわめて幸せ」です>。

 2011年12月6日号。<今日から51年目の人生を迎える私は「きわめて幸せ」です>。  4時起床。誕生日。  51歳になった。昔はよく「えっ?そんなにお若いんですか?」と言われた。実際の年齢のわりに、戦時中生きていたようなことを言っていたからだろう。最近は「お若く見えますね」とお世辞を使われる。スタイリストがついたせいで服装ばかりが若作りになっているためではないだろうか。  かなり期待して今朝はメールボックスをあけたのだが、お祝いメールは一通だけ。世間の嫌われものである。わははははは。  昨夜は似たような境遇の連中と呑んだ。ときどきこの日記に登場している灘校の同級生の整形外科医、荻内隆司君と早稲田大学少女マンガ研究会の創設者のひとりにして2代目幹事長、今はメディア・ファクトリーでマンガを作っているのだがつい先日、会社がまるごとリクルートから角川グループに売り渡されてしまって衝撃から立ち直

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。