2011年10月3日号。<ウォール街を占拠したデモは1世紀ぶりの革命の端緒かも知れない>。

 2011年10月3日号。<ウォール街を占拠したデモは1世紀ぶりの革命の端緒かも知れない>。  3時起床。  まだ新聞が来ないのでコンビニまで買いに行く。博多でも戻ってきた東京でも同じようなことをしている(笑)。  足がまことに微妙である。なんとか歩けるようになった。いやあ、薬とういうものの凄さを久しぶりにはっきりと感じましたね。市販の湿布とロキソニンSで劇的に改善した。これ、医者の息子と兄を半世紀やっているとわかるのだが、よほど特別で重篤な病気でないかぎり、診断さえちゃんとつけば薬局の薬で十分なんです。ああっ、日本の医療を根本から覆すようなことを書いてしまった(笑)。もちろんその診断が大切なので、鵜呑みにしないでお医者さんに行って下さいね。  でも、これはビミョーに日本の医療が抱えている本質をついている。書かないと言いつつ書くが(笑)国民皆保険のせいでそんなにおカネがかからなくてセンセイ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。